たいしたことではないけれど、ちょっぴり楽しい毎日をつづります


by home-maker
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2006年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

おばあちゃん

c0093180_5245165.jpg

祖母が作った白菜です
とてもりっぱだったので思わずパチリ・・・

祖母は今田舎で一人暮らしをしています
今年の1月に祖父が亡くなり、この一年間は祖父の看病、そしてお葬式、四十九日だ、初盆だとあわただしかったことと思います
だけれど、「畑に行くと背筋がしゃんとなる」と言って畑で野菜を作ってくれていました

祖母は根っからの働き者
今まで祖父のお世話でなかなか好きなことをする時間がなかった祖母ですが、今は短歌会や卓球の会に行ったり、近所の方から頼まれて洋服の仕立て直しをしたりして過ごしているようで何にでもチャレンジ精神のある人なので、その点母も私もホッとしています

今晩はこの白菜を使って・・・・

c0093180_5391118.jpg


クックパッドに掲載意されていた「白菜とウインナーの炒め煮」
ウインナーのうまみが出てとてもおいしかったです






c0093180_5403390.jpg



飛田和緒さんのレシピ「白菜の甘酢」をつくりました
こちらは箸やすめにぴったりの一品!







お米も祖母が作ってくれていて我が家はお米を買うことはありません

c0093180_5452154.jpg

そんな祖母が作ってくれたお米を今日はしっかりおかわりして食べた娘
食べたい意欲があるとお箸も上手に使えるようになるんだね
ご飯ばかり食べて私が作ったおかずはちっとも食べてくれず・・・・・





祖母にはいつまでも元気でいてほしいと願うばかりです
そして今まで大変だった分、好きなことをいっぱいして楽しく過ごしてほしい
そしてそしてお野菜やお米をずっとずっと作っていてほしい・・・とわがままな孫は思うのでした
[PR]
by home-maker | 2006-10-31 05:57 | cooking
c0093180_1448393.jpg

飛田和緒さんの「かぞくごはん」に掲載されていた「里いもと鶏ひきだんごの煮物」です
この本は飛田さんとお子さんと囲むお食事とお子さんの成長も見ることができます
写真がとてもきれいで、見るだけでも満足
お料理もあまり調味料を使わず、とてもシンプルな味付けなのにとてもおいしくて、体にやさしいものばかり
この本を参考にして我が家の副食が増えたような気がします
それにしても煮物の写真をきれいに撮るの難しい・・・・

さて、我が家の娘は熱は下がったものの今ひとつ調子が戻っていません
小児科で「突発性発疹」の確定診断をもらって、一安心なのですが、元気が出ないせいか幾分ご機嫌ななめです

そんな病み上がりの娘を私が居ない間に公園に連れ出した夫
パパの信頼回復をもくろんだのかはわかりませんが・・・・
案の定、娘は今ひとつのノリだったようで、夫も「あまり元気がなかった。もう少しお昼寝させておけばよかった」と後から気づく始末

ここ2日は朝起きてまた2度寝してお昼寝もしてといった感じです
ロタウイルスで入院したときも高熱がやっと下がった日から食べる間も惜しんで寝ていた娘
どうやら回復するときは十分な睡眠が必要なのかもしれないですね

突然ですが、ブログのタイトル名を変えました
実は今までのブログの名前、今ひとつ自分の中でしっくりいっていなくてつけた後もずっと気になっていたんです
「さもない」というのは大好きな栗原はるみさんがよく使われる言葉で、「たいしたことではないけれどちょっといいこと」の意味だそうです

このブログでも取り立ててたいしたことではないけれどちょっぴり大変、でも楽しい日々のことを書き残していきたいなと思って名づけました
いかがですか?
これからも変わらずよろしくお願いいたします
[PR]
by home-maker | 2006-10-29 15:19 | cooking

心で唱える呪文とは

c0093180_5193993.jpg

いつもレシピを参考にさせていただいているてんきちの母ちゃんさんのお母さん、「てんきちのばーちゃん」さんのクックパッドに掲載されている「簡単スイートポテト」です
とてもやさしい味で、おいしかったです♪

娘の熱はようやく昨日の朝下がりました
そうしたらおなかのあたりにぽつぽつと湿疹が!!
「突発だぁー」 間違いない!
「湿疹がでてきたらまた見せにきてください」と先生に言われていたのだけれど、今日もおこもり生活だろうと思い、髪はぐしゃぐしゃ、ノーメイクで出かける気分ではなかった私
あまり広がっていないし、明日でいいかと娘が生まれた当初では考えられないほどのんきな母親に成長したものだと我ながら関心

それにしても夫は娘が熱があろうとなんであろうと、仕事優先、飲みごと優先
まったく、頼りになるのは自分だけ・・・
こんなときちょっと心配を分かち合ってもらえると子育てを一緒にしている気持ちになるのですが・・・・・
今のところ我が家の夫の子育て、および家事全般の協力度はゼロです

でも、こうやって娘が具合の悪いときそばでのんびり看病できたり、楽しく子育てできるのは夫が仕事に精を出してくれてるから・・・・
と、心の中で呪文のように唱えて夫への不平不満を解消しようと努力するのでありました

そんな母の努力を知っているのか娘も薄情な父に背を向けて「ママ~」と私に甘えてくるのでした
おほほほほぉ~~~~~~~~~
[PR]
by home-maker | 2006-10-28 05:48 | sweets

おうちにこもっています

c0093180_242754.jpg

ちょっと前に買った藤井恵さんの「卵なし、牛乳なし、砂糖なしのフライパンおやつ」から春巻きの皮で作る「フライドアップルパイ」です
りんごを蜂蜜で煮詰めて春巻きで包んで揚げるだけ、とてもおいしかったです

この本のレシピ、いくつか作りましたがどれもおいしかったです
お野菜やフルーツが使われていて子供にぴったりのおやつです
作り方もシンプルで私でも失敗なし・・・?!のレシピばかり
おすすめの本です

先日から娘が熱発中
なかなか下がりません
なのでただいまおうちでおこもり生活中です

娘は熱があっても元気なのですが、風邪症状はなく、しいていえばちょっぴりおなかがゆるめなくらい・・・
2歳になって突発かなぁ?と思いつつ、熱があっても遊ぼうとする娘のため私も一緒に横になって絵本を読んだり、ビデオをみたり・・・とごろごろしています

子供が熱や風邪のとき、食べさせる定番お料理とかありますか?
私はまだおじやも満足に作れません
子供に熱があるとき、「ママの○○が食べたい」と言われるようなものが作れるようになりたいのですが・・・・・

娘はちょっと食欲が落ちています
おなかにやさしくて、滋養があるもの・・・・
やっぱりスープ系がいいのでしょうか

c0093180_2281657.jpg

同じ本のレシピで作った「パンケーキ」
このパンケーキはちょっと私好みではありませんでした
全粒粉がたっぷりで、全粒粉がお好きな方はいいかもです!

絵画教室、おはりこ会、体操教室にいたたん先生のお料理教室、娘と私の楽しみなことを今週はみんなお休み
残念だけど仕方がないね
早くよくなりますように・・・・・
[PR]
by home-maker | 2006-10-26 02:36 | sweets

三十路女になりまして

c0093180_13132689.jpg

私の誕生日におはりこ会のメンバーでもあるママ友達3人からかわいいお花をいただきました
お花をもらうのってやっぱりとてもうれしいですね

この3人のママ友達から私はいろいろないい影響を受けています
子育てだけではなく、家事のこと、趣味のこと、夫婦のこと、などなど
みんなとお友達になれたことは本当に私にとってラッキーなことです
これからもどうぞよろしくね!

私もついに三十路女になりまして・・・・・
いまは「ああああ、年を取ってしまったぁー」という気持ちよりかなんだかちょっとわくわくする気持ちのほうが大きいです
でもきっとすぐもうこんな年になっちゃってと思うのでしょうが・・・・

30代突入を記念してなにか買おうかなぁと思うのですが、今欲しいものというのが・・・

1、財布(今使っているもののがま口が壊れかけてるの)
2、壁掛けCDプレイヤーまたは防水CDプレイヤー(キッチンで音楽を楽しみたいの、コンポで聞こうとすると娘から「いないいないばあ」か「お母さんといっしょ」のCDにかえろとクレームがくるのでした)
3、1眼レフのデジカメ
4、洋服(娘のばかり購入して自分の着る服がない)
5、めがね(娘にフレームをこわされて以来夫の昔のめがねを使用中でして)

こんな感じでしょうか
3番はあまりにも値段が高いので私のへそくりでは手が出ないから望み薄なのですが・・・・
2、3番以外は欲しいものというよりそろそろ買わなくてはいけないものというかんじではあるのだけれど・・・・
1番の財布をブランドものにして記念ということにするか?!
グッチやプラダなどのブランドものを持っていない私が一度夫にブランドものの財布が欲しいといってみたことがあります
すると夫は「財布の中身より高い財布持ってどうするん」と一言
ある意味正論?!

ブランドものにそれほど興味があるわけではないけれど、記念としておひとつ買ってもいいのでは・・・・
って、いくらぐらいするんだろうか
それすら知らない私


妻を冷たくあしらった夫から誕生日から2日遅れていただきました

c0093180_1337733.jpg
昨年誕生日と結婚記念日、それにクリスマスをあわせたプレゼントとしてちょっとお高いネックレスをもらったんです
私も気に入っていてよくつけていたのですが、実はディズニー旅行のときなくしてしまったのでした
落ち込んでいた私をみかねて?同じようなデザインのものをプレゼントしてくれたのでした



そうだ!欲しいものもうひとつあった!!
6、ナショナルのなんとかミスト(自宅でエステができるとかいうもの)

お肌と体は年を感じさせたくないですよね
最近肩こりや腰痛が解消できて、立ち姿がきれいになるというピラティスに挑戦したいなとも思う三十路になった秋でした
[PR]
by home-maker | 2006-10-24 13:50
c0093180_57305.jpg

先日久しぶりに娘と散歩に出かけました
最初は勢いのいい彼女、先頭をきって落ち葉を拾いつつ歩いていきます
いち・に・いち・に・いち・にのさんぽ、絵本のフレーズを口ずさみながら


c0093180_592014.jpg

でも、そのうちすぐ「だっこぉーーー」
「ええ~、それじゃあお散歩にならいないよ」と私が抱っこをねだる娘をすり抜けていくと・・・・


c0093180_511456.jpg

「いいもーん」といった感じに道路に寝そべるのでした
おいおい・・・
でも、寝そべって泣くわけでもなく、ごろごろと楽しそうに・・・
最近娘は寝そべってごろごろするのがブーム?のようです
お店でもこうやって突如寝そべるんです


c0093180_5145546.jpg

日中はまだ暑いときがあるけれど、朝夕は肌寒いですよね
この日の空はこんな感じでした
青々とした青空でもなく、どんよりした感じでもなく、こういった空を秋空っていうのかな?
今年は暖冬だからきっと紅葉は遅いでしょうね
今年は娘を連れて紅葉を見にドライブしよう!
[PR]
by home-maker | 2006-10-23 05:44 | child raising

甘いもの三昧

c0093180_743231.jpg

母から「アンパン」が食べたいとリクエストがあったのですが、冷凍庫のストックはクリームしかなく、久しぶりに「クリームパン」を焼きました

うさぎの形をしているのですがわかってもらえるでしょうか?

お天気のいい土曜日でしたが、夫に合わせて週末は何も予定を入れていないのに、夫は仕事
娘と家でのんびりしていました
パンを成型するとき娘も参加するのですが、クリームをのせるスプーンを今日はなめ続けていました(クリームがなくなっても・・・)

2歳になってなんとなく甘いものの規制も緩んでしまった今日このごろ
歯磨きしっかりしないとね


c0093180_7541871.jpg


娘の誕生日の翌日は私の誕生日
で、お店のアンパンケーキを頼んでみました








ケーキやらクリームパンやら一日中甘いものを食べてる感じの毎日です
[PR]
by home-maker | 2006-10-22 07:59 | bread

Happy Birthday!

娘の2歳のお誕生日はこんなかんじで始まりました・・・・

c0093180_5264851.jpg

「おめでとう!!」起きてきた娘に朝からテンション高い私
「ええええええ、なになに?まだ眠いんだけど・・・・」




c0093180_531027.jpg
「なにかくれるの?あれ?アンパンマンじゃない」
夜帰りの遅い夫と朝のうちにプレゼントを渡しました
今回は夫と意見があわなかったので別々のプレゼント
夫はアンパンマンのブロックセット
本当はレゴのものがよかったのだけれど、ピースが小さいし、ブロックのはめ込みがまだしにくいかも・・・と夫なりに考えてこれにしたようです
私からは・・・・・




c0093180_5363986.jpg
これ!な~んだ?
ご存知の方もいるかなあ?「ビリボ」
スイスの小児科医が作ってヨーロッパのほうでいろいろ賞をもらったとか・・・・
遊び方は・・・・






c0093180_5404061.jpg


まずは乗ってゆ~らゆら♪









c0093180_5412376.jpg

プーさんを運ぶ道具になったり・・・・・
このほか反対にしてたたいて太鼓みたいにしたり、上に乗って遊んだりと子供が自由に考えて遊べるのだとか・・・・








c0093180_5484220.jpg


じいじがお花も届けてくれたんだよね
まだ2歳だけどやっぱり女の子?お花を最初もらったときとってもうれしそうな表情をしていました







c0093180_548590.jpg


そして先日、ばあばに買ってもらったお洋服でトータルコーディネートをして、ひいばあばからいただいたお祝いで靴を買いに出かけました
この日の娘の洋服のほうがはるかに私の洋服より高かった
っていうか、いつもそうじゃないのか?





c0093180_5532786.jpg

そしてそして夜のディナーは「ドライカレー」
で、いつもと変わりなく・・・・
でも、娘が野菜も唯一食べてくれるのでこれにしたのでありました








c0093180_614736.jpg
お待ちかねのケーキ・・・・
アンパンマンに見えるでしょうか?
恥ずかしいので小さい画像で・・・・



c0093180_651054.jpg

無事に2歳を迎えられた娘
また1年どんな成長をみせてくれるか楽しみです♪
ママとしてこれからも背伸びせずにがんばるぞ!
[PR]
by home-maker | 2006-10-20 06:06 | child raising

娘が生まれた日

娘の2歳の誕生日を記念して(?)出産の思い出をつづってみたいと思います

2年前、朝4時20分にトイレで目が覚めて、それから今までにない痛みを感じ始め「ついに来たっ!」と直感
気持ちよさそうに寝ている夫を起こすことなく、一人痛みの間隔を測るとすでに12~15分間隔
おしるしがなかったこともあって、まだまだかなと思いつつリビングのソファーでときより来る痛みをこらえながら時計とにらめっこ

間隔が短くなることはなく痛みもこらえられるくらいで、おしるしもないまま6時すぎになり夫起床
「どうしたん?」と夫
「おなか痛い、きたみたい」と私が冷静に言ったからかそれとも「やばい、早く仕事に行かないと立ち会わなくちゃいけなくなる」と焦ったからかはわからないけれど、夫は私を置いてさっさと仕事に行ってしまいました

夫はもともと「立ち会いたくない派」でした
私は「立ち会ってほしい派」だったのですが・・・・

夫が出かけた後、痛みが強くなり間隔も10分に・・・
朝ごはんを食べたかどうか忘れちゃったのだけれど、掃除、洗濯はきちんとしたことははっきり覚えています
病院にいったら帰ってこれないかもしれないと思い、洗濯物は室内に干し除湿機をかけ、「いてててて・・・」と言いながら掃除機をかけて、きちんと化粧もして、そして病院が開いた8時半に電話

「一応入院の準備をしてきてください」
とあまりやさしくない口調で言われ軽くムッとしたのを覚えています
私なら一言「焦らず、気をつけてきてくださいって言うな」と思ったのでした

ここで両親に電話かけようとあまり思わなかった私
二人とも仕事だし、慌てるだろうし・・・・ときちんと診察を受けてから電話しようと思ったのでした
(なんて親思いの私・・・笑)

タクシーを呼んで、アパートの4階からスーツケースとその日燃えるごみの日だったのでゴミ袋を両手に下げて降りました
このとき陣痛の間隔は10分を切っていましたが、おしるしはまだでした

このとき来たタクシーのおいちゃんがこれまた不親切で、陣痛が来ているとわからなくても大きいおなかを抱えた妊婦が大きいスーツケースを持っているのだから、ちょっと降りてトランクに積んでくれてもいいのに、何もしてくれませんでした
私は大股広げてスーツケースをはさんで乗り込んだのでした
車中前かがみになりながらスーツケースを握り締め、痛みをこらえたのでした

病院は10分くらいで到着
すぐ診察してもらい、先生開口一番
「まあ、とっても頭の下がりがいいわぁ。入院でOKです。お産ですよ」
このとき子宮口3cm開大
これを聞いた途端、今までの冷静さがうそのように緊張、心の中はあわてふためいたのでした

すぐに2階の分娩室に連れられ、着替え、処置をしてもらうことに・・・
それから母に連絡
「え~、昨日どうもなかったやん」と母
そりゃそうだよね、だってお産なんだもん
とりあえず仕事をひと段落させてすぐに向かうと言ってくれました

夫の携帯がつながらなかったので職場にかけたのですが・・・
「○○ですが、おりますでしょうか?」
「今ちょっと見当たらないですね。」
「そうですか、すぐに連絡を取りたいのですが携帯がつながらなくて・・・・」
「なにかお伝えしましょうか?」
「入院になったのですぐに連絡がほしいと伝えていただきたいのですが・・・・」
「ええええええええ、それはおめでとうございます。すぐ戻ってくると思うので伝えます」
私が妊娠していて臨月だということをしっていたのでしょう、入院=生まれたとこの方は思ったみたいでした

そして処置がすんで一人痛みをこらえていると、一番に病院にやってきたのは夫でもなく、母でもなく・・・・・
父でした
自営業の父は時間に融通がきくこともあるのですが、母から娘の一大事を聞いてすっ飛んできたのでした
おかげで看護師さんから「だん・・・なさん?いやお父さんよね」なんて言われちゃうし・・・
父が来てくれたのはいいのだけれど、ちょっと私が痛みで顔をゆがめると
「痛いんか・・・」と心配そうにするのでかえってなんかがまんしなくちゃいけなくて正直ちょっぴりしんどかったのでした

子宮口も順調に開いて、いったん部屋に戻っていたのですがすぐに分娩室に
心配する父から離れられてホッとしたのでした
痛みはどんどん増して、お昼ごはんの時間になったのですが、なにも手をつけていないと助産師さんから「食べたほうがお産が早く進むんですよ」と言われ、とりあえずデザートのメロンを食べました
そのメロンが甘くてとてもおいしかったのを覚えています

母が病院にきて間もなく子宮口全開
助産師さんもびっくりする早さだったようで
「あらあら大変、みなさーんお産ですよ、集合集合」と号令をかけていました

私が不安だろうとお産になるからと分娩室に母を呼んできてくれたのですが、これまた母に心配かけたくないと思い、「大丈夫だから」とすぐに退室してもらったのでした

先生がやってきて「おとうちゃんは?もう生まれるよ、どうしたの?」と
先生からお昼には生まれると言われたので夫に伝えたのですが、この日夫は「仕事が抜けられない」と陣痛に苦しむ妻に冷たく言ったのでした
夫の上司の人は「すぐに行かせます」と言ってくれたのだけれどね
まっ、こうなるとは思っていたのでそれほど腹も立たなかったけれど・・・・

そして14時30分
元気に娘誕生!

遅れること30分、父親となった夫が到着
夫の顔を見た途端、涙があふれた私でした
[PR]
by home-maker | 2006-10-18 15:46 | child raising
c0093180_4312214.jpg

いたたん先生レシピのヨーグルトプリンをディズニーランドで買った型で作りました
さっぱりしていてちょうどいい甘さで娘も大好物

今日はおはりこ会だったので子供たちにとミッキーやドナルド、それにぞうやうさぎの型で作ったのですが、みんな喜んで食べてくれました
だんだんこういったキャラクターものを喜んでくれるようになったので作り甲斐が出てきました

ということで娘の誕生日のケーキもこの路線で作りたいと思うのですが・・・・・
いたたん先生に何度も相談をしたのですが、だんだん自信がなくなってきて近づくにつれあきらめモードに・・・・
さてはて娘のバースデーケーキどうなることか


c0093180_441171.jpgおはりこ会メンバーに持って帰ってもらおうと「バタートップ」を焼きました
が、なんだか失敗
焼きが甘い感じでしわしわ・・・・・
失敗作なのにそれでも持って帰ってもらう私はひどい人だぁ
みんなごめんね
[PR]
by home-maker | 2006-10-17 04:48 | sweets